SEO対策の基本はホワイトハットSEO!そのやり方やブラックハットSEOとの違いは?

WEBマーケティング

自社のホームページの検索順位を上げたいんだけど・・・

TGCompany
TGCompany

SEOにもいいやり方と悪いやり方がありますので注意しましょう

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOは似た名前ですが、全く意味が違います。

 

先にこの記事の結論を言ってしまうと、これからホームページを運営するならホワイトハットSEOがSEO対策の基本になります。

 

今回はホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いと、ホワイトハットSEOのやり方をご紹介します。

 

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違い

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOという言葉を聞いたことがありますか?これからホームページを開設する人や、ホームページを開設したばかりという方は聞き慣れない言葉なのではないでしょうか?

 

ホワイトハットSEOとは、良質なコンテンツを作ることで、ユーザーから被リンクをもらい集客に繋げるという現在主流となっているSEO対策の基本です。

 

では、ブラックハットSEOは何なのでしょうか?

 

 

ブラックハットSEOとは、低品質なコンテンツを大量に自動に生成したページや、被リンク売買サイトから大量に被リンクを購入したページやサイトのSEO対策のやり方で、今ではGoogleが「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」を導入したことでだいぶ減りましたが、一昔前では基本となっていたSEO対策のやり方でした。

 

 

このブラックハットSEOを現代で行うと、Googleから検索順位を下げられる、もしくはインデックス削除などのペナルティを受けるので、おすすめしないSEO対策ですが、まだブラックハットSEOをすすめるするサイトや、斡旋するかのようなサイトが存在しているため注意が必要です。

 

 

SEO対策の基本は正々堂々勝負が重要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほどお話ししたように、現代ではホワイトハットSEOが主流となっていて、正々堂々とユーザーにとって良質なコンテンツを地道に作成することで被リンクを増やして、集客に繋げることが基本です。

 

このコンテンツは、作成して公開したその日や翌日にはすぐに検索結果に反映されないので、サイトによっては数ヶ月時間がかかることもあるあります。地道にアクセス数が増えるのを待ちましょう。

 

コンテンツ公開から2〜3ヶ月経ってもアクセス数が増えない場合は、そのキーワードで検索してきたユーザーが求めている情報が記されていないと判断して、加筆・修正(リライト)をします。

 

ホワイトハットSEOで良質なコンテンツを作ろう

現代ではブラックハットSEOではなくホワイトハットSEOが主流で、Googleも推奨しているSEO対策の基本です。

 

この基本を守っていれば、SEO対策で検索順位上位表示を自然と狙いやすくなるだけでなく、パンダアップデートでこれまで低かった検索順位が上がる可能性もあります。

 

ホームページを導入してSEO対策を行うなら、ホワイトハットSEOを基本にするようにしましょう。

トップへ戻る